傘立て オシャレ

傘立て オシャレ

傘立て オシャレ

このページは「ミニバスケットとは 」の情報コンテンツです。
傘立て オシャレ > ミニバスケットとは

豆知識

ミニバスケットって何?

バスケットボールはご存知ですよね?じゃあ、ミニバスケットは知っていますか?小さなころからバスケットボールに慣れ親しんできた方や、お子様がまだ小さいながらもバスケットボールをはじめている方ならご存知かもしれませんね。

ミニバスケットとは

ミニバスケット、その名前から大人が行うバスケットの小さい版?縮小版?と多少は想像がついているかもしれませんが、あながち間違いではありません。ミニバスケットとは12歳以下の小学生の男女を対象としたスポーツで、「日本ミニバスケットボール連盟」が発足されて全国大会も行われています。

野球などでも学校の部活動とは別に、地域のクラブチームがあって所属しているお子さんが沢山いらっしゃいますが、ミニバスケットもクラブチームが多数あり、全国大会には強豪と呼ばれるチームもたくさんあります。

中学生以上のバスケットボールとの違い

中学生以上のバスケットボールでは、男子は7号のボールを使い女子は6号のボールを使いますが、ミニバスケットでは更に小さい5号のボールを使います。発育過程にある小学生を対象としているため、リングの高さは2m60cmと通常のリングより45cm低くなっています。ちょっと背の高い高校生以上の男性ならダンクシュートができるくらいの高さですね。

コートの広さもミニバスケットでは小さくなっている為、スリーポイントラインがありません。そのため、どれだけ遠く離れた場所からシュートしてもすべて得点は2点となります。中学生以上のバスケットボールと同様に4クォーター制となっていますが、1クォーターがミニバスケットでは6分と一般のバスケットより4分短くなっていて、まだ体力も大人ほどではない子供への配慮がなされています。

そのほかにも、一度敵の陣地に持っていったボールを自分たち自身で自陣に戻すことを禁じるバックコート・バイオレーションなどの細かいルールがミニバスケットには適応されないなどの違いがあります。

バスケットをやるならミニバスから

私の友人は中学生のバスケットボールのコーチをしていますが、やはり小学生時代にミニバスケットをやっていた子供たちは基礎ができているため、動きが違うと言います。もちろん、中学生からバスケットボールを始めていても努力と頑張りでスターティングメンバー入りする子供がいることも確かですが、やはりバスケットボールをやりたいと思うなら小学生の内からミニバスケットで初めていると違いが大きいようですね。

傘立て オシャレ 激安通販
ExecutionTime: 148 msec / Memory: 7.6 MB